スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満には防風通聖散はききません

肥満には防風通聖散は効きません。

最初から過激は発言ですが、サントの経験では効きません。
特定の人にはいいかもしれませんが、ほとんどの人には無効です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
50代女性の患者さんです。
一見太っている方。

最近頭痛が増えたといって、サントの外来にきてくれました。

頭痛は片頭痛なので、すでに内科でイミグランをもらっている。
予防薬のミグシスまで飲んでいてそれでも頻度が月に4ー5回あります。

腹診をすると確かに膨満感があって食べすぎがある。
でも胃と腸は冷えている。
胸脇苦満が少しある。ストレスもあるようです。

足はムクミがあって、頻尿でもある。
腰にも冷えが目立ちました。

これは、冷えとストレスかなと思って、加味帰脾湯に当たりをつけて
PhotoTouchMethodをすると反応がいい。
そこで、冷えもあるので真武湯と加味帰脾湯を出しました。

よく聞くと、患者さんはすでに、防風通聖散を飲んでいる。
高脂血症があるし、肥満が気になるといったら、内科から出ているようです。
そこでこれを止めさせて、真武湯と加味帰脾湯のみを飲んでもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10日後に来ていただき、「どうですか?」と聞くと
「今度の漢方は美味しかった」と言います。

防風通聖散は内科の先生が出してくれていたので、まずくても無理して飲んでいたようです。
1年間、オブラートに包んで我慢して飲んでもそれでも痩せない。
内科の先生に言ったら、「それ以上太らないから効いている、下痢しない限りはうまく行っている」
といってずっと出されていたようです。

それに比べて、真武湯と加味帰脾湯は美味しいといいます。
次に飲む時間が待ち遠しいとまで言ってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうなんです、漢方は効くときには美味しく感じるのはよく知られた話。

それを1年間我慢して飲んでいたのは、辛かったと思います。
それも全然痩せていない。
おまけに、防風通聖散で腹が冷えて頭痛まで悪化している。

困ったことです。

現在は”科学的”な漢方がはやっているので、どこかの大学から
防風通聖散が肥満に効果があると言うデータが出ると、
太った人にはすべて防風通聖散がだされている状況です。

これでは、漢方本来の「証」と言うものを無視している。
効くわけがありません。

患者さんの証を見極めて処方しなければいけません。
そこに、漢方の醍醐味があるのですが、分からない医師が多い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サントの師匠の井上先生が太った人に防風通聖散を処方したことを見たことがありません。

使うのは、九味檳榔湯とか防已黄耆湯でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に申し添えておきますが、サントの処方で患者さんの頭痛は減ってくれました。

スポンサーサイト

心不全に湿布を貼った患者さん

脊柱管狭窄症の手術後の足のしびれと痛みを鍼で良くしてから
時々問題があると来てくれている患者さんです。
・・・・・・・・・・・・・・・
今回も、下半身がしびれて力が入らないと、いって来てくれました。3月ぶりです。

かなりのヘビースモーカーで、見た瞬間から息が苦しそう。
以前からタバコを止めるように言っているのですがやめれません。

2年前には狭心症で心臓にステントが入っています。

舌は乾燥して、喉が渇くと言います。
脈も左の寸口に異常がある。
これは、足より心臓が危ない、と思ってみていきました。

足は冷えているが、患者さんが言うほど異常を感じない。
腰にはいつものように大きな湿布を貼っている。
冷えがある。

腹を見ると、ちょうど心窩部にも左右の季肋部にわたり大きな湿布を貼っている。
ここに湿布を貼る人は見たことがない。
心窩部を触ると、いわゆる「心下痞堅」がありました。

心下痞堅は木防已湯を使うときにでる所見。いわゆる心不全を示します。
心下痞堅があって苦しいから患者さんは無意識にそこに湿布を貼ったのでしょう。

患者さんにきくと、やっぱり最近胸の痛みが増えてきていると言います。息切れも増えてきている。

明らかに心臓の症状でした。
PhotoTouchMethodでも木防已湯で胸がスッとする。
おまけにニトロダームテープでも胸が楽になる。
・・・・・・・・・・・・・・・
そこで、木防已湯をだして、早めにステントを入れてくれた循環器内科の病院を受診するようにいいました。

足腰がしびれて、だるいと言って来られましたが、足腰どころではない。
心臓が危ない状態でした。
よくよく患者さんの全体を見ないといけません。

もちろん、胸に張った湿布を剥がして、ニトロダームテープを貼るようにいいました。
ずいぶん小さくなりますが、はるかに湿布よりこちらのほうが効くことでしょう。

ヘルシーなうどん

さて、今日は週末で午後からゆっくりできたので、
久しぶりにジムにいきました。その帰りによったうどん屋さんの話。
・・・・・・・・・・・・・・・
昼はパンだけにして軽くすまして、たまっていた事務仕事をして、
夜の7時からスポーツジムにいきました。

ジムにいったのは、2年ぶりぐらい。開業してほとんど運動をしていない。
医者の不養生の典型。

体が鈍ってきているのが実感できるし。
今日の外来では、患者さんに「先生の手、つめたいね、私より冷え性だね」といわれてしまった(´・ω・`)

もうすこし自分の体のこともどうにかしないといけないとおもって、
かねてからいきたかったジムに行きました。

ゆっくり300mおよいで、最初なら十分という感じになったので、それで切り上げました。
・・・・・・・・・・・・・・・
運動をした後の気持ちよい空腹感で、さていつものラーメンでも食べようかと
神戸の加納町の交差点をあるいていると、ふと目についたのがこの辺としては地味なうどん屋さん「だん吉」さんです。

ラーメンとうどんはあまり変わりないけど、
せっかくジムに行ったのだからヘルシーに越したことがないと、うどんに軍配をあげました。

店の前の看板にあったのが「華玉うどん」というやつで、玉ねぎをまるごと揚げたものをいれている。
看板の写真はきれいだし、
ダン吉

これ、これ、これはすごくヘルシーと、これに決めて店にはいりました。

他にも神戸牛入りのうどんとかありましたが、注文したのはもちろん「華玉うどん」。
何時も立ち食いそばを愛用をしているサントにしては豪華です。850円でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、お味ですが、よかったです。サントのなかでは上にはいります。
上品なだしで、うどんの腰もある。
玉ねぎ放射状にカットしていてそれほど食べにくくはない。
甘くていいのですが、ボリュームがあるので野菜が苦手な人はてこずるかもしれません。

肉類はまったくはいっていなくて、ヘルシーさにあふれる一品。
運動して、食べて満足して、またクリニックに帰り、元気が出たので、残っていた経理の仕事をやって、来週の発表のスライド作成にとりかかりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、玉ねぎは、とくに漢方製剤には使われていませんが、
健康食品として有名ですね。

血液をサラサラにする効果とか、むくみをとる効果があるとか言われています。

例の「うこんの力」を出しているハウスウェリネスフーズから「たまねぎの力」というのが出ています。



プロフィール

Dr.サント

Author:Dr.サント
神戸で『三都ブレインクリニック』を開業しています。脳外科、頭痛、漢方、鍼灸が専門です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
桜カウンタ^-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。